TV番組

小泉亮祐が紹介したパフェはどこで食べられる?お店情報まとめ【マツコの知らない世界】

今回「マツコの知らない世界」で特集される「パフェの世界」では、もはや芸術といっても過言ではないほどに進化した究極のパフェがたくさん紹介されます。

予告動画を見ているだけでよだれが出てきそうですよね…!

数々の美しいパフェを紹介してくれるのは、500種類以上のパフェを食べ歩いたという小泉亮祐さんです。

500種類以上ってやばくないですか?
単純に1つ1,000円と考えても50万円をパフェに費やしてる計算になります(貧乏性なのですぐにお金に換算したがる。笑)

今回はこの小泉亮祐さんに着目し、プロフィールやインスタ、そして予告動画で小泉亮祐さんが紹介していた美しいパフェが食べられるお店を調べてまとめました!

※番組内で紹介される情報と相違ある場合がありますので、その際は後日追記させていただきます。

スポンサーリンク

小泉亮祐さんのプロフィールや職業は?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小泉亮祐さん(@ryosuke_3999)がシェアした投稿

名前 小泉亮祐(こいずみりょうすけ)
誕生日 1987年10月9日
出身地 神奈川県
出身校 高校:神奈川県立希望ヶ丘高校 大学:早稲田大学
職業・活動 フードマーケター、セールスデザイナー、パフェアンバサダー

小泉亮祐さんは一般の方で、インスタグラムにパフェの写真をアップし続けていたら「マツコの知らない世界」にお呼ばれされることになったそうですよ。

職業はインスタのプロフィールから「フードマーケター」「セールスデザイナー」ということがわかりました。

「マーケター」というのはざっくり言うと”商品が売れる仕組みを作る人”のことを言います。
なのでフードマーケターは、食品や飲食店など食に関することにに特化したマーケターということになりますね。

「セールスデザイナー」も直訳すれば「売ることをデザインする人」となり、マーケターとほぼ同義と捉えてよいと思います。

小泉亮祐さんの職業の具体的な内容に関してはわかりませんが、食に関するお仕事をされていることはたしかでしょう。

またインスタには「パフェアンバサダー」とも書かれていました。

アンバサダーの意味は以下の通り。

アンバサダーとは、元々米国から始りました。アンバサダーとは、「熱烈なファン=純粋に企業のブランドや商品を応援する顧客」のことを言います。
<引用:SFA Hacks

パフェアンバサダーという正式な職業はありませんが、この解説に則ると小泉亮祐さんは「パフェの熱烈なファン」であり、「パフェやパフェを提供するお店を応援する人」ということになります。

今回「マツコの知らない世界」で紹介されたことによって小泉亮祐さんのインフルエンサーとしての影響力は大きくなりますから、「小泉亮祐さん(のインスタ)にぜひ紹介してもらいたい!」というお店が今後増えるでしょうね。

小泉亮祐さんのインスタグラムは美しいパフェだらけで必見!

今回の「マツコの知らない世界」を見て小泉亮祐さんが気になった人も多いと思います。

そんな方はぜひ小泉亮祐さんのインスタをフォローしましょう!

500種類以上のパフェを食べ歩いているとあって、インスタの投稿もパフェだらけ。
「ま、まるでパフェの宝石箱や〜!」と叫んでしまうこと請け合いです。笑

しかも投稿の一つ一つにパフェの丁寧な解説とお店の情報なども載せてくれているので、どのような果物や素材が使われているのかもわかりますし、「このパフェが食べたい!」と感じたらすぐにお店を調べることができます。

例えばこの赤くて大きな花が特徴的なパフェの投稿では、

【パルフェフルーリー フリュイ】
*
🍓春のそよ風に吹かれて、秘められたその姿をそっと露わにする一輪の花。刹那に散りゆくことをも厭わない甘美な佇まいに、愛おしさが溢れる。
*
🍓花ひらく様子を華やかにあしらった、ショコラティエならではの艶やかなパルフェ。躍動感のあるチョコレートの花びらを割り入ると、柔らかな甘みを感じるあまりんのジェラートに、香り立つバニラアイス。ピスタチオを纏ったブールドネージュで食感に楽しさが加わりつつ、フランボワーズのコンフィチュールでマリネしたまりひめに、ライチ風味のアロエが爽やかな後味。

といった風に、「フードマーケター」らしく素材に対する豊富な知識と、巧みな表現力も相まって、パフェの魅力が一層引き立てられているように感じました。

甘いもの好きな方もそうでない方も、一度は小泉亮祐さんのインスタを覗いてみることをおすすめします!

スポンサーリンク

小泉亮祐さんが紹介するパフェのお店情報

小泉亮祐さんの紹介してくれるパフェや、そのパフェを食べられるお店、みなさんも気になりますよね。

インスタの投稿を一つひとつ見ていくのも楽しそうですが、番組の宣伝動画の中で紹介されていた小泉亮祐さんオススメのパフェがどこで食べられるのかをまとめましたのでぜひ参考にしてみてください!

ラトリエ モトゾー@池尻大橋(東京都)

まずは「マツコの知らない世界」の宣伝動画の中で「全身シースルー」とテロップが打たれていた、いちごが印象的なこちらのパフェ。

引用:YouTube

これは東京は池尻大橋にある「ラトリエ モトゾー」というお店の「コッパ アッラ ブルチャータ」というパフェです。
絶対に覚えられない名前ですね。笑

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小泉亮祐さん(@ryosuke_3999)がシェアした投稿

「全身シースルー」の表現通り、透明のパフェグラスから見える美しいいちごの断面と、てっぺんのブリュレ生地に盛り付けられたフルーツなどの装飾に思わず見惚れてしまうパフェですね。

お店の情報はこちら。

関連ランキング:ケーキ | 池尻大橋駅駒場東大前駅神泉駅

デザートカフェハチドリ@新伊豆(神奈川県)

こちらも宣伝動画内で紹介されていた、蝶が止まっているのが印象的なパフェです。

引用:YouTube

こちらは「デザートカフェハチドリ」の「ブドウのパフェ ローズとグリーンアニスの香り」というパフェです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小泉亮祐さん(@ryosuke_3999)がシェアした投稿

器の外にも装飾がされていて見た目のインパクトがすごいパフェですね!

巨峰やシャインマスカットなど、ぶどうをふんだんに味わえるさっぱり系のパフェだそうで、甘いものが得意でない男性なども食べやすそうです。

宣伝動画の半ばで「常識はずれのパフェ」として全貌が隠されていたパフェがありましたが、隙間から見えるビジュアルから見てこのパフェのことかと思います。

こちらのパフェが食べられるお店の情報はこちら。

関連ランキング:フルーツパーラー | 浅草駅(つくばEXP)浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅

よろず屋444@浅草(東京都)

最後は見た目のインパクトとてっぺんのパンダがかわいいパフェです。

こちらは「よろず屋444」の「めろんみるく」というかき氷のパフェですね。

メロンをそのまま使った器と、360度に飾り付けられたくり抜きのメロンがインパクト大でインスタ映え必至です。笑

お味もバツグンに美味しいそうですよ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Takayoshi Itoさん(@nan_madol)がシェアした投稿

↑※こちらは小泉亮祐さんのインスタではありません。

一度は食べてみたいパフェですね。

このパフェが食べられるお店の情報はこちら。

関連ランキング:カフェ | 浅草駅(つくばEXP)浅草駅(東武・都営・メトロ)

以上、小泉亮祐さんのプロフィールやおすすめパフェの情報をまとめました。

「マツコの知らない世界」で紹介された商品やお店にはお客さんが殺到するので、ゆっくりパフェを味わいたい方は平日や、少し落ち着いてからお店に訪れるのがいいかもしれませんね。

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

あわせて読みたい
マツコの知らない世界で紹介されたお菓子缶や箱はどこで買える?【11/27放送】11月27日放送の「マツコの知らない世界」にフリーアナウンサーの堤信子(つつみのぶこ)さんが出演され、魅力的なお菓子箱の世界を紹介してく...

スポンサーリンク