歌手

SHIKATA(志方大輔)が大麻所持で逮捕!提供された歌や曲は今後どうなるのか?

11月6日、大麻を所持したとして大麻取締法違反の疑いで、歌手のSHIKATA(本名・志方大輔)さんが逮捕されました。

SHIKATAさんといえば、9月に引退された安室奈美恵さんをはじめ、関ジャニ∞や西野カナ、三代目J Soul Brothersなど多くの有名アーティストに楽曲を提供されていたシンガーですよね。

誰もが一度はSHIKATAさんが作った曲を聞いたことがあると言えるぐらい、アーティストを通してたくさんの楽曲を世に排出された方です。

そんなSHIKATAさんが逮捕されたと聞いて多くの方が衝撃を受けています。
特に関ジャニ∞ファンの方の悲痛な声がたくさん見受けられます。

SHIKATAさんがどのようにして逮捕されたのか。
そもそもSHIKATAさんとはどういう人物なのか。

そして誰もが気になっているであろう、「SHIKATAさんが作った曲は今後どうなるのか?歌えなくなるのか?」といった点も調べてまとめてみました。

Sponsored Link


SHIKATA(志方大輔)さんのプロフィール

まずはSHIKATAさんのプロフィールを簡単にまとめておきます。

名前:SHIKATA
本名:志方 大輔(しかた だいすけ)
生年月日:1981年12月5日(2018年現在36歳)
出身:長崎県
職業:シンガーソングライター

SHIKATAさんは自身もシンガーとして活動する一方で、安室奈美恵やナオト・インティライミ、西野カナ、Fairiesなどなど、挙げればキリがないぐらい多くのアーティストに楽曲を提供してきた作詞作曲家でもあります。

2007年に自らがリーダーとなって結成したユニット「NATURAL8」では、インディーズながら総売上5万枚という驚異のセールスを記録。
その後ソロ活動となり、2010年にはレコチョク年間クラブチャートに「逢いたくて… feat CHIHIRO」や「まだ君が好き」などがランクイン。
また2012年には、作曲を手がけたFairiesの「White Angel」で日本レコード大賞「優秀作品賞」も受賞しているなど、天才的なメロディーセンスとプロデューススキルを持たれている方です。

SHIKATA(志方大輔)さんが手がけた楽曲

SHIKATAさんが手がけた楽曲は数知れませんが、ほんの一部を動画付きでご紹介したいと思います。

関ジャニ∞「パノラマ」(作詞・作曲)

2016年にアニメ「モンスターハンターストーリーズRIDE ON」の主題歌となった曲ですね。

関ジャニ∞「Sorry Sorry love」(作詞・作曲・編曲)

安室奈美恵「Stranger」(作詞・作曲)

三代目J Soul Brothers「Powder Snow 〜永遠に終わらない冬〜」(作曲)

『お願い!ランキング』のエンディングにも使われていました。

BIGBANG「TONIGHT」(作詞)

ナオト・インティライミ「今のキミを忘れない」(アレンジ・プロデュース)

Kis-My-Ft2「70億分の2」(作詞・作曲)

V6「Answer」(作曲)

西野カナ「Game Over」(作曲)

Fairies「White Angel」(作曲)

レコード大賞「最優秀作品賞」を受賞された曲です!

 

本当に、作詞・作曲・編曲された曲を挙げだすとキリがないのでこのあたりにしておきます。

たった一部の紹介でしたが、SHIKATAさんをよく知らない方も聞いたことのある曲があったのではないでしょうか。

Sponsored Link


SHIKATA(志方大輔)さん逮捕の経緯

SHIKATAさん逮捕の経緯は以下のとおりです。

捜査関係者によると、世田谷区の環状8号線で6日未明、パトロール中の警察官が、乗用車を運転する同容疑者の様子を不審に思い職務質問。車内を調べたところ、たばこの箱から紙で巻かれた大麻が見つかった。同署が入手経路などを詳しく調べる。

 逮捕容疑は6日午前、東京都世田谷区内で大麻約0・5グラムを所持した疑い。「大麻だということは、うすうす感じていた。いずれは使うつもりだった」と話し、容疑を認めている。
<引用:サンスポ

警察が車を運転するSHIKATAさんを不審に思ったことから発覚したようですが、職務質問されるほど車内で不審な行動をとっていたということでしょうか。

「大麻だということは、うすうす感じていた」ということですが、本人も気づかないうちに大麻を入手することなんてまずありえませんし、素直に容疑を認めている様子からも自覚を持ってどこかから入手したのではないかと思います。

まぁ現時点で得られた情報だけではなんとも言えませんので断定はしないでおきます。

SHIKATA(志方大輔)さんが作曲した歌は今後どうなる?


さて、一番気になるのがSHIKATAさんが作詞作曲などを手がけた歌や曲は今後どうなってしまうのかというところです。

まず、法律的には「歌えない」ということはありません。

作詞、作曲などを手がけただけですのでこのあたりは問題ありません。

ただ、楽曲を提供されたアーティストや事務所の判断によってはこの限りではないと思っています。

作詞や作曲をした人が逮捕されたとなると、事務所としてはこのまま見過ごすか「NG」を出すかの判断が非常に難しいのです。
世間体を気にして自粛する(歌わないようにする)可能性も大いにあるということです。

CHAGE and ASKAのASKAさんが薬物使用で逮捕されたときには、その歌を歌う本人が逮捕されてしまったのでもちろん歌えなくなったのですが、今回は「楽曲を提供した人の逮捕」という前例のない事件なのでなんとも言えませんね。。

このあたりは今後、それぞれのアーティストや事務所の判断を待つしかなさそうです。

まとめ

引用:MUSIC LOUNGE

以上、SHIKATAさんの逮捕事件についてまとめました。

これだけ大物の作詞作曲家が逮捕されたことはないので、その影響がどこまで、また、どのように広がっていくのかが現時点ではちょっと想像できないですね。

ただ関ジャニ∞をはじめとする多くの有名アーティストの楽曲を手がけていらっしゃったので、ぜひ事務所の方々も自粛などせず、このままアーティストの方々に歌い続けていってほしいなと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

Sponsored Link