まめ知識

ミニトマトの賞味期限はいつまで?腐るとどうなる?ヘタのカビはNG?

夏になってくると野菜も腐りやすく日持ちしなくなってきます。

夏の野菜であるミニトマトは使い勝手の良い食材ですが
やはり夏場だと日持ちのいい野菜とは言えません。

今回は、

  • ミニトマトの賞味期限はいつまでなのか
  • 腐るとどんな状態になってしまうのか
  • ヘタにつく白い綿状のものが出てきたら食べられないのか

などについてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ミニトマトの賞味期限はいつまで?どれぐらい日持ちする?

賞味期限とは「食品が美味しく食べられる期限」のことです。

ミニトマトの賞味期限は冷蔵保管で1週間から10日ほどとなります。
冬場であれば常温で1週間程度となります。

常温でも保存可能ですが、25度以上の場所に置いておくと傷みが早まり、
皮がしわしわになったり実がグジュグジュになったりしやすいので
特に夏場は冷蔵保存を強くオススメします。

少し実が柔らかくなったり割れ目が入っているぐらいであれば
問題なく食べることができますよ。

ミニトマトが腐っている場合の見分け方

ミニトマトはお弁当に入れたり
副菜として少量ずつ出すことが多く
つい冷蔵庫に長期保管することも多いですよね。

そうすると『これはもしかして腐ってる?』と思う事も多々あります。
ではミニトマトが腐るとどの様な状態になるのでしょうか。

まず触ったときの柔らかさや匂いの違いがポイントになります。

ぶよぶよして柔らかくなっているものや嫌な匂いがするものは
腐っている(腐りかけている)可能性が高いので
食べずに捨てるのが無難でしょう。

皮が少しシワシワになってるものなら
腐ってるわけではないので食べても問題ありませんが、
気になる方は火を通してから食べることをオススメします。

ミネストローネやパスタなどに入れたりすると
無駄なく火を通して利用出来るので
気になるものは熱を通してから食べましょう。

ミニトマトのヘタに白カビが発生したらNG?

ミニトマトを長期間保管していると
ヘタに白い綿状のものが発生したことはありませんか。

これの正体は白カビで、根や葉を病気から守るために
土に含まれている菌がトマトに付着して発生します。

この白カビの毒性は強くありませんが
発生してしまった場合は食べない方が無難でしょう。

カビだけでなく他の菌が繁殖してしまっている場合もありますので
ヘタを取り除いたとしても食べるのはオススメできません。

またトマトの腐食が進むと発生する黒カビは
完全にアウトなので食べないでくださいね!

ミニトマトの賞味期限や腐ったときの見分け方、カビについてまとめ

ミニトマトはちょっとした副菜やお弁当に最適なので
一年を通して買う方も多いと思いますが
夏場は特に腐りやすくなるので、少しでも変だなと思ったら
勿体ないですが食べずに処分することをオススメします。

カビが生えてる物も同様に、カビだげ取り除いても
他の菌が繁殖している場合があるので十分に注意しましょう。

無駄のない様に食品を食べていくのも大切な事なので
少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク