まめ知識

バンドにおけるパートの略記号(Vo.やGt.など)の解説まとめ

バンドの公式サイトでプロフィールなどを覗いたときに、「Vo.」や「Gt.」といった表記をよく目にします。

たとえば「back number」の公式サイトでは以下のように表記されています。

Dr.栗原 寿
Vo.Gu.清水 依与吏
Ba.Cho.小島 和也

字面はクールでかっこいいのですが、誰がどの役割(パート)を担当しているのかがちょっとわかりにくいですよね。

今回はこうした英語の略記号がどのパートを表しているかや、略記号の表記順について解説していきます。

スポンサーリンク

バンドのパート別略記号の解説

略記号 正式表記 パート・役割 備考
Vo. Vocal ボーカル 女性ボーカルは「F.Vo」
男性ボーカルは「M.Vo」
と表記されることもある
Gt. 又は Gu. Guitar ギター アコースティックギターは「A.Gt」
エレクトリックギターは「E.Gt」
フォークギターは「F.Gt」
などと表記される
Ba. Bass ベース  
Dr. 又は Drs. Drums ドラム  
Key. 又は Kb. Keyboard キーボード  
Cho. Chorus コーラス  
Pf. Piano ピアノ エレクトリックピアノは「E.Pf」
Or. 又は Org. Organ オルガン パイプオルガンも含む
Per. Percussion パーカッション  
Syn. 又は Synth. 又は S. Synthesizer シンセサイザー  

大体のバンドメンバーは上記のどれかを担当していると思います。

ちなみに冒頭に例を挙げたback numberのメンバーのように、2つ以上のパートを1人で担当している場合は、

  • Vo.Gt.
  • Vo.&Gu.
  • Gt./Cho.

基本的にはこのように表記します。

ただし決まりがあるわけではないので表記の仕方は自由です。

略記号の表記に順番はある?

バンドの華であり、なくてはならない存在であるボーカル(Vo.)が一番上に表記されることが多いですが、これも決まりはないのでバンドによってバラバラです。

冒頭に挙げたback numberも公式サイトの表記はドラム(Dr.)の栗原さんがトップに来ています。(ただこれは写真のメンバーを左から右に向かって順番に表記したためというのもあります)

なんだか英語の略記号ってただ単に「ボーカル」とか「VOCAL」とかって書くよりかっこよく見えていいですね。

スポンサーリンク