ニュース

森永製菓チョコフレークの生産終了はいつ?通販や代わり(類似品)をチェック!

(画像引用:森永製菓)

9月28日、森永製菓がチョコフレークの生産・販売を終了すると発表しました。

長年親しまれてきた人気のお菓子だったと思いますし、私も子どものころは大好きだったのですが、まさかの生産終了です…。

どうやらチョコフレークを生産している千葉の工場が閉鎖するためとのこと。

5月に明治の『カール』が東日本で販売終了したことが記憶に新しいですが、チョコフレークの終売は個人的にカールよりもショックが大きいですね。

今回はチョコフレークの生産(販売)終了時期や通販の案内、また、チョコフレークの代わりとなるお菓子などを調べてまとめてみましたので、チョコフレーク好きのあなたはぜひご一読ください!

Sponsored Link




森永チョコフレークの生産終了はいつ?その理由は?

1967年の発売から50余年にわたり親しまれてきた森永のチョコフレークがまさかの生産終了。

その理由は、商品を製造している千葉県野田市の子会社工場を2019年12月に閉鎖するためとのこと。

そしてチョコフレークの生産終了時期はもっと早く、2019年4~6月ごろには終わってしまうそうです。

早ければあと半年後ぐらいにはもう市場に見かけることが無くなってしまうんですね…。

そもそもなぜ工場を閉鎖するのかというところですが、2つの大きな要因によってここ5年ほどチョコフレークの売上が落ちていたらしいですね。

その理由の1つが、スマートフォンの普及によってつまんで食べる際に手の汚れるお菓子が敬遠され始めてきたことです。

言われてみれば私も子どもの頃はあまり気にせず手につまんで食べていましたが、最近はそういった煩わしさもあって避けていたかもしれません。

ネット上でも同じような声は多いみたいですね。

 

そして2つ目の理由が健康ブーム

昔に比べて健康に気を遣う人が多く見られるようになり、カロリーや糖質の塊であるお菓子の業界としては逆風なんですよね。

そのあおりを受けてチョコフレークも先行きが厳しくなったものと思われます。

森永チョコフレークは通販で買える?

チョコフレーク好きとしては生産が終了するまでの間に買い込んでおきたいところですよね。

今ならまだお店にもたくさん在庫はあるかもしれませんが、こういう生産終了のニュースが流れたときってだいたい店頭から商品が飛ぶように売れて消えていくんですよね。

というわけで。
はい、通販状況を調べてきました!

すると、楽天にはまだまだたくさん販売されていましたので無くならないうちに買いだめしておきましょう!

森永チョコフレークを楽天で探す

ちなみにAmazonには森永のチョコフレークはありませんでした…なぜでしょう。

Sponsored Link




森永チョコフレークの代わり(類似品)なら日清チョコフレーク!

森永のチョコフレークは無くなってしまいますが代わりはあります。

そうです、日清のチョコフレークですね。

他にもコンビニのPBなどで類似品はありますし、私もいくつか食べ比べてみたことがありますが、森永と日清のチョコフレークが一、二を争うレベルの美味しさでしたね。

というわけで森永チョコフレークが好きな方は、生産終了後は日清チョコフレークに鞍替えすることをオススメします!

あくまで私個人の主観ですが。笑

森永チョコフレークの生産終了ニュースまとめ

森永チョコフレークは2019年の4月から6月の間に市場から消えてしまうことは確実です。

手の汚れるお菓子が敬遠されてつつあることや健康ブームという時流のあおりを受けての工場閉鎖ですから、再販もあまり望めそうにありません。

ただ、今ならまだ通販などで簡単に手に入りますし、幸い日清のチョコフレークなど代替え品も多く流通しています。

昔から慣れ親しんだものが消えてしまうのは一抹の寂しさがありますが、森永製菓さんはチョコボールやおっとっとなど他にも美味しくて人気のお菓子をたくさん生み出してくれていますから、これからも頑張っていただきたいですね!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

Sponsored Link