レビュー

横浜ベイホテル東急のベイクラブフロアに宿泊したので写真付きでレビューします

ぺんちゃん
ぺんちゃん
今回は横浜ベイホテル東急の『ベイクラブフロア』という特別なサービスが受けられるお部屋に宿泊してきたよ♪

ねこさん
ねこさん
軽食やお酒がいつでも楽しめたり、チェックインやチェックアウトがラウンジでできたりと至れり尽くせりだったからレビューするぜ!

というわけで2018年8月某日、ド平日に相方と二人で横浜ベイホテル東急のベイクラブフロアに宿泊してきました。

ちょっといいホテルにはときどきこうした『クラブフロア』や『エグゼクティブフロア』と称された、リッチな気分を味わえる特別なフロアが用意されていたりします。

今回は別にお互いの誕生日でも記念日でもなかったのですが、なんとなく良い気分を味わいたくなり(笑)、みなとみらいで遊ぶついでにここに宿泊してみました。

結論から言うと、お部屋の広さやインテリアの美しさ、景観、ラウンジの使い勝手、従業員さんの応対、レストランなど、すべてにおいて大満足でした!
みなとみらいなんてそっちのけで、ずーっとホテルで過ごしていたいと思うぐらい最高の居心地でした。

あまりたくさん写真を撮っていなかったのが残念ですが、これを読んでくださっているあなたにもぜひ一度泊まってみていただきたいのでレビューしていきますね!

スポンサーリンク

横浜ベイホテル東急ベイクラブフロア宿泊記

チェックインは最上階で悠々と

通常チェックインは2Fのフロントで行うのですが、ベイクラブフロア宿泊者は最上階にある『ベイクラブラウンジ』で行います。

2Fでベイクラブフロア宿泊の旨を伝えると、スタッフの方が荷物を持ってくださりエレベーターで案内してくれました。

この時点でもうわくわく!

最上階のベイクラブフロア・クラブラウンジ

クラブラウンジに到着です。
思いのほか広い!
30人は余裕で入れるお席があります。

景色が見える窓際の席に案内していただき、おしぼりとウェルカムドリンクをいただきながらホテルの説明を受けてチェックイン。

この優越感よ!たまりません。

これから過ごすであろうリッチな時間を空想してテンションはダダ上がりです♪

ちょうど台風が近づいていたため天気はよくありませんでしたが、25階からの眺望は最高の一言。

チェックインが済んだらいよいよお部屋へと案内されます。

スポンサーリンク

42平米の広くて美しいお部屋『ベイクラブフロア キング パークビュー』

今回泊まったのは『ベイクラブフロア キング パークビュー』という、みなとみらいの大観覧車を臨めるダブルベッドのお部屋です。

もうね、インテリアが好みの直球ド真ん中でした!

私は深い青色、つまりネイビーが一番好きな色なのですが、このお部屋に使われているアクセントカラーがまさにそれだったんですね。

白やベージュなどの温かみのあるベースカラーに、アクセントカラーのネイビーが映える上品で上質なお部屋です。

何度写真を見返してもうっとりしてしまいます。

もちろんホテルのサイトである程度お部屋の内装は把握はしていたのですが、実物は想像よりももっと素敵なお部屋でした。

お部屋からの景観はこちら。

曇りで小雨も降っていて最高の景色とは言えませんでしたが、大観覧車や横浜港が一望できてずっと眺めていられました。

そうそう、このお部屋にはバルコニーがついていて椅子に座って景色を眺めながら食事も楽しみました。

ミネラルウォーターとチョコレート(写真撮り忘れ)がサービスで付いてきます。

その他のお酒やジュース、コーヒーなどは備え付けですが有料です。

お部屋の入口付近に置かれていたアロマ。
小物もおしゃれです。

スポンサーリンク

クラブラウンジの使い勝手は「最高」の一言!

さて、ホテルにチェックインしたのが17時半頃でディナーにはまだ早かったのでラウンジで軽食をいただくことに。

このクラブラウンジでは、時間帯によって飲食できるものが変わります。

 

ざっくり説明すると、7~10時まではモーニングタイム。

ホテル内の工房で焼かれたできたてのパンや、シリアル、スクランブルエッグ、ベーコン、フルーツなど、一般的なホテルのモーニングビュッフェをいただけます。

11~17時はティータイム。

マカロンやクッキーなど甘味をいただけます。

17時半~21時半まではカクテルタイム&ナイトキャップ。

おつまみやオリジナルカクテルなどがいただけます。
お酒ももちろん無料です。

無料でありながら十分なバリエーション!

私たちが伺ったときはカクテルタイムでした。

二人ともお酒は苦手なので、カプチーノや紅茶を飲みながら軽食をいただきました。

チップス&ディップ。

タルタルソースのようなディップとアボカドディップ、どちらも美味しかったです。

マカロンとクッキー。

甘いものが大好きなのでパクパクいただいてしまいました。笑

その他にもバゲットやサラミなど、軽食といえど種類は豊富で、大人げなくたくさん食べて飲んで楽しんでしまいました。

ごちそうさまでした。

いつでも21時半のクローズまでは何度でも伺えて、軽食を食べたり本を読んだりぼーっとしたりと思い思いの時間を過ごせるクラブラウンジは居心地最高です。

今度は1人で宿泊してみるのもアリかも・・・

スポンサーリンク

ホテル内を散策。どこに行っても美しい。

小腹も膨れたところでホテル内を散策することに。

2Fのフロントから見上げた天井絵画。

鮮やかなオレンジやレッド、そしてネイビーで描かれた、夜空に広げられたカーテンのような絵。

地下に下がると式場もありました。

こんなホテルで結婚式を挙げられたら最高の思い出になりそうです♪

他にもちょろちょろと散策したのですが、あまり写真を撮っていなかったのが残念。

 

そうこうしているうちに日も落ちていい時間になってきたので、ホテル2Fの『カフェ・トスカ』へ。

ビュッフェもアラカルトもいただける『カフェ・トスカ』

カフェ・トスカは天井がとても高く、周りはガラス張りでみなとみらいや横浜港を眺めながら食事ができる素敵なレストラン。

引用:https://ybht.co.jp/restaurant/cafe_tosca.php

ビュッフェが5,800円とさすがにいいお値段がします。

ちなみにアラカルト(一品ずつ)でも注文できたので、ビュッフェを食べるほどのお腹を持ち合わせていなかった私たちはそちらをチョイス。

ただの水と夜景。です。

グラスがこれまた素敵な深いネイビーで、ここでもキュンキュンしちゃいました。

注文したのは海老とトマトソースのパスタ。

ラウンジであれこれ食べすぎて二人ともそこまでお腹が空いていなかったのと、パスタ単品でも2,300円ぐらいしたので節約して1つのパスタを二人でわけわけしました。

写真のは取り分けたあとですので、これの2倍ぐらいはあります。

お味はさすがにこのお値段なだけありました。

海老が新鮮でプリプリ!
トマトソースも程よい塩味がきいていて、粗く潰されたトマトもしっかり味がして美味しかったです。

食事も済んだので部屋に戻ります。

お部屋からの夜景ももちろん最高。

バルコニーからは最高の夜景が!

大観覧車のアートワークが美しすぎていつまでも眺めていられました。

 

横浜ベイホテル東急はみなとみらい駅直結のため、ホテルを出てすぐのところにコンビニがあります。

ここでお夜食を買ってお部屋のラウンジで大観覧車を眺めながら乾杯。

これぞ愉悦の極み!

その後なぜか二人で懐かしきDS Liteで遊び、真夜中2時頃に就寝。

ベッドはキングサイズで、縦よりも横に長いベッド。笑

寝心地は言わずもがなです♪

スポンサーリンク

モーニングももちろんクラブラウンジで快適に

そして翌朝。

朝食ももちろんクラブラウンジで。

人が一番多いであろう8時過ぎの時間帯でも、クラブラウンジでは人はまばらで過ごしやすいのです。快適そのもの。
まぁド平日に泊まりに行ったのもあると思いますが。

ラウンジの入口付近に焼きたてのパンやホットケーキが7,8種類ほどありました。

どれも美味しそうで、パンだけでお皿がいっぱいに…笑

こちらはカラフルで鮮やかなヨーグルト用のソース。

黄色はマンゴー、緑はキウイ、紫のはブルーベリーです。
白いのはヨーグルトシュガー。

キウイのソースは珍しいですが、甘みと酸味がほどよくとても美味でした♪

その他、ザ・ホテルのモーニング!といった感じのお料理たち。

スクランブルエッグ、ベーコン、ソーセージ、グリーンサラダ、プチトマト、フライドポテト…

お野菜は新鮮で、スクランブルエッグのスクランブル具合(?)も好みだったので大満足!

その他の料理ももちろん美味しかったですよ。

特にこのクロワッサンが絶品でした!

少しトーストしてからいただくとサックサクのほっろほろ!

本当に軽い食感で「あれ?今クロワッサン食べたよな?」って感じるくらい。笑

クロワッサンだけで3個も食べてしまいました。

最後にカプチーノをいただいて、ごちそうさまでした。

3つ上のテーブルに並べた料理の写真を見ていただいてお察しのとおり、食べすぎました。笑

いやもうホテルに泊まる目的の半分はこのモーニングのためですからね!

ホテルに求める最も重要な要素は?と問われれば『快適なお部屋』か『モーニング』か頭を悩ませるぐらい、個人的にモーニングは大切なのです。

一昔前に京都のある旅館に泊まったときは、お部屋もディナーも素敵だったのにモーニングをいただくお店がチープなつくりの内装で、料理の種類も少なくて美味しくもなくて一気に冷めた記憶があります。

部屋に戻り身支度。お礼も忘れずに。

たっぷりモーニングを頂いたあとは部屋に戻って身支度を整え、美しい景観を見納めて部屋をあとに。

チェックアウト時間が迫っていたので殴り書きのようになってしまいましたが、個人的にいい思いをさせていただいたホテルにはこうして書き置きで感謝を伝えることにしています。

まぁこのメモがそのまま捨てられてしまっている可能性もありますが。

スタッフさんに届いているといいなぁ。

 

さて、チェックアウトの手続きももちろんクラブラウンジで。
一般客のようにチェックアウトの列に並ぶこともなく、悠々とチェックアウト♪

あ、そういえば25階のフロアはとってもいい香りがしていました。

何の香りか気になったのでスタッフさんに聞くと、エレベーター前に置かれたソファの下にアロマディフューザーがあり、バニラやココナッツの香りがするアロマを使っているとのこと。

言われてみればそんな香りでした。
アロマには疎いんですよね…。

スポンサーリンク

まとめ:横浜ベイホテル東急のベイクラブフロアは最高の居心地でした!

以上、横浜ベイホテル東急のクラブフロア宿泊記でした!

料金は2人で36,500円(税込・サービス料込)
1人18,000円ちょっとです。
るるぶからの予約で、クーポンを使ったので1,000円ぐらいお安くなっています。

正直、これだけリッチな気分を味わえてこの料金なら大満足です!

特にクラブフロア宿泊者限定で利用できるクラブラウンジの存在が大きくて、いつ行っても人混みとは無縁で飲食も無料。
いつまでいても何をしていてもいい。
チェックインもチェックアウトもここでできてスムーズ。

「あー高級ホテルに泊まっているんだなぁ」という優越感に浸れました。

私たちは特にお祝いや記念日などで泊まったわけではありませんでしたが、横浜ベイホテル東急はそうした特別な日の非日常を比較的リーズナブルなお値段で味わうのに最適なホテルの一つだと感じました。

私の筆無精な宿泊記なんかでこのホテルの魅力が伝わったかどうかあやしいですが、気になった方はぜひ一度『ベイクラブフロア』に泊まってみてくださいね。

横浜ベイホテル東急 公式サイトはこちら

それではここまでお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク