レビュー

だし茶漬けえんルミネ新宿店のだし茶漬けをレビュー!コロッケもおすすめ

こんにちは!カスクです。

最近よく新宿駅に併設されたルミネで食事をすることがちょくちょくあるのですが、今回は前から気になっていた『だし茶漬け えん ルミネ新宿店』に伺ってきました。

なぜ気になっていたか。

それは一時期通いつめていた『D.I.Y.サラダ&デリカテッセン』というサラダ専門店の向かいにあって気になっていたからです。笑

でも「お茶漬けなんて外で食べるもんじゃないよなー」とサラダをもしゃもしゃしながらやや否定的な見方をしていたのも事実で、普段なら少なくとも1人で行くことはないであろうお店だったのです。

が、たまたま相方と同時期に体調を崩して「なにか薄味で胃に優しいものが食べたいね」という話になり、ならばものは試しということで『だし茶漬けえん』に訪店することになったという次第です。

前置きが長くなりましたが、結論から言うと予想外に満足できたのでレビューしていきたいと思います!

Sponsored Link




だし茶漬けえんのメニュー

まずはメニューを見ていきましょう。

ちなみに他の店舗はどうかわかりませんが、だし茶漬けえん新宿店では食券を購入してから席につく形式です。
店頭にもメニューがあるので、食券機を前に迷うことはありません。

だし茶漬けえんのメニュー

値段は全て税込み表示。

一番安いメニューは『刻み菜漬けのぶぶ』で680円。
最も高いメニューは(ハーフ&ハーフを除くと)『鯛だし茶漬け』の980円。

さすがに鯛は美味しそうですねー
素朴な疑問なんですが、こういうお店で鯛ってやっぱり高価格帯にあるのに、回転寿司の鯛がどこに行っても低価格なのはなぜなのでしょうか。

まぁどうでもいいですね。笑
ちなみにどのだし茶漬けを選んでも、小鉢2品+お漬物がついてきます。

あとごはんの量を、小盛り・中盛り・大盛りから無料で選べます。
これはたくさん食べたい私には嬉しいサービス!
男性客の取り込みも忘れていないところがにくいですね。

少し悩んだ結果、私は『焼き鮭といくらの親子』を、相方は『漬け鮪の漁師風』を注文しました。

一人暮らしだとなかなか魚って食べないので、こういうところでつい海鮮類を選んでしまいます。

あ、あと紀州南高梅がなんと50円で付けられたのでこれも追加。
お茶漬けに梅干しは最高の贅沢。

肉じゃがコロッケも頼んでみた

だし茶漬けえんサイドメニュー

意外と充実しているサイドメニュー。

病み上がりとはいえ食欲はあったので『和食屋の肉じゃがコロッケ(250円)』も頼みました。
『肉じゃが』と『コロッケ』・・・なんという食欲のそそるワードでしょうか。
どちらも男性の大好きな惣菜TOP10に入りますよね。

でも今冷静に考えたらコロッケに250円って結構強気の値段設定ですなー。

お茶漬け自体がなかなかいいお値段なので感覚マヒしますね。

きっちり罠にかかっていくスタイル。

Sponsored Link




だし茶漬けえんのお茶漬けをレビュー

席について5,6分ぐらいでしょうか。
2つのだし茶漬けが運ばれてきました。

この界隈の飲食店はどこも提供がバカ早いですね。
さすがは忙しいビジネスマン・ビジネスウーマンのための食事処です。

だし茶漬けのおだしはやや濃い目?

こちらが私の頼んだ『焼き鮭といくらの親子(ご飯大盛り)』と『肉じゃがコロッケ』。
梅干しもあるのですがお茶漬けの茶碗の影にすっぽり隠れてしまっています。
コロッケにはソースがついています。

こちらは相方の『漬け鮪の漁師風』。ごはんは中盛り。
マグロってなんでこんなにそそるんですかね。

では『焼き鮭といくらの親子』を食していきます。

まずはだしを入れずに『丼』として食べてみましたが、鮭もいくらも普通に美味しいです。

鮭は塩っぽさはありませんが臭みはなく、いくらはプチプチしていて新鮮です。

素材の味を味わったところでだしを投入。

きゅうすに入ったおだしは、「昆布といりこの旨味に、鰹節・宗田節・鮪節の香りとコクを加え、鶏のスープを合わせた【白だし】」とのこと。

鶏のスープが入っているのでお茶漬けよりかはこってりとした味わいですね。

でもしつこくはなくてあっさりと食べられます。
あくまで『お茶漬け』と比べたら濃い目のお味といったところで、しつこさやくどさはありません。

いやーこれ美味しいですね。

これはこれでいいんですが、普通のお茶をかけても食べてみたいなぁと思いました。

小鉢2品とお漬物も美味しい

小鉢は『れんこんのきんぴら』と『寄せ豆腐のごまドレッシング』、お漬物は『青菜の漬物』です。(料理詳しくないので間違っていたらごめんなさい)

Sponsored Link




肉じゃがコロッケがでかい!

写真だとわかりづらいかもしれませんが、コロッケがかなりの大きさ!
女性の握りこぶしぐらいあるんじゃないでしょうか。

2人で分ける予定だったのでよかったのですが、これを1人で食べるとなると結構なボリュームです。

味は言わずもがな。
コロッケで失敗することなんて後にも先にもないでしょう。

衣もサクサクで文句なし。

紀州南高梅が甘酸っぱくてバカウマい

たった50円だったのでメニューを見るやいなや追加した紀州南高梅。

何を隠そう私は和歌山人なので紀州南高梅には並々ならぬ思い入れ…は無いですが、普通に梅干しは好きなのでお茶漬けのお供に頼まずにはいられませんでした。

いやもうこれが大正解

私好みの絶妙な甘酸っぱさでお茶漬けが進む進む。

もう1個追加しようかと思ったぐらいでした。

やっぱりお茶漬けには梅干しが欠かせませんね。

店員さんも愛想が良い

個人的には料理の味と同じぐらい店員さんの応対は大切なお店の評価ポイントです。

声のトーンだったり言葉遣いだったりお冷の入ったコップの置き方だったり…
「あぁちゃんとお客さんのこと気遣ってくれてるんだな」っていうのはそういう何気ない所作でわかりますし、それによって次も来たいかどうかが決まることもあります。

だし茶漬けえんルミネ新宿店では特にそうした所作が気にかかることはなく、「ごゆっくりどうぞー」「ありがとうございました」などの声がけも気持ち良かったのでその点でも満足しました。

Sponsored Link




だし茶漬けえんにはモーニングもある

今回はお昼に伺ったので頼めませんでしたが、午前8:00~10:00はモーニングメニューがあります。

メニューがなかったので写真も撮れず。
これは次回行って記事にしたいと思いますのでお楽しみに(^ ^)

だし茶漬けえんルミネ新宿店のまとめ

はじめはお茶漬けを外で食べるなんて…と敬遠していましたが、

  • ごはんの量が無料で選べる
  • 小鉢やお漬物もしっかり美味しい
  • サイドメニューが充実(紀州南高梅オススメ!)
  • 清潔感がある店内で店員さんの愛想も良い
  • 料理の提供が早い

となかなかどうして魅力的なポイントがたくさんあり、「今日は外食したいけどあっさりしたものが食べたいなー」というときには十分選択肢に入るお店でした。

気になった方はぜひ一度行ってみてください。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

だし茶漬け えん 新宿ルミネ店
住所:東京都新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿LUMINE1 B2F
営業時間:08:00~22:00(L.O.21:30)日曜営業
席数:18席
だし茶漬けえん 公式サイト
食べログ

Sponsored Link