TV番組

ラン栽培家の清水柾孝さんがマツコの知らない世界に出演!家でも手軽に育てられる蘭とは?【予想】

毎回あらゆるジャンルのゲストが登場し、マツコに自分の得意分野やハマっているものをプレゼンしていく火曜日の人気番組「マツコの知らない世界」。

11月13日(火)に登場するゲストは、ランが好きすぎてサラリーマンにもかかわらずランを800株育てている清水柾孝さんです。

ランの栽培家というだけでも珍しい肩書きですが、清水柾孝さんはなんと9歳から洋ランを栽培し始めてこの道18年。
数々の展覧会や鑑賞会で受賞歴のあるラン栽培のマニアであり専門家です(そしてイケメンです。笑)

今回の「マツコの知らない世界」ではランの知られざる生態や家でも手軽に育てられるランなどが紹介されるみたいですが、特に予告動画で隠されていた「ビン詰めされた小さなラン」や「白い鉢に植えられた葉っぱが特徴的なラン」がとっても気になりましたので、映像から予想して調べてみました。

Sponsored Link


ラン栽培家・清水柾孝さんのプロフィール

まずはラン栽培家の清水柾孝さんのプロフィールを簡単に見ていきましょう。

引用:Facebook

名前:清水 柾孝(しみず まさたか)
ニックネーム:マサ
生年月日:1991年1月(2018年現在27歳)
血液型:B型
出身:栃木県宇都宮市出身
出身校: 東京農業大学大学院
現住所:東京都練馬区
勤務先:株式会社プロトリーフ
所属:全日本蘭協会、宇都宮蘭友会、日本パフィオペディルム研究会

清水さんは幼い頃から祖父母が育てる植物やガーデニングに囲まれて過ごします。

そして9歳のときに洋らん展に行き、祖父にパフィオを買ってもらって洋ラン栽培を始めます。
 
そこから洋ラン栽培に火がついたようで、中学生からは宇都宮蘭友会に所属。
 
東京農業大学・大学院を経てサラリーマンになってもその情熱は衰えず、数々の展覧会や品評会で受賞するなど、まさに洋ラン一筋の人生を送られています。
洋ラン栽培歴はなんと18年とのこと。
 
現在は園芸資材を扱う会社(株式会社プロトリーフ)に勤め、そのかたわらで展示会の審査員を務めたりすることもありそうです。
 
まさにランを栽培するために生まれてきたような方ですよね。
 
 
最初は「洋ラン栽培家」と聞いても全然ピンと来ませんでしたけど、ここまで一つの道を徹底的に突き詰められる人って老若男女問わずめちゃくちゃかっこいいですよね。
心底憧れますし、尊敬します。

清水柾孝さんはイケメンだけど彼女や奥さんはいるの?

ご覧のとおり、清水さんはかなりのイケメンです!

女性の好きな花を扱う趣味や仕事をしていらっしゃいますし、彼女や奥さんはいらっしゃるのか気になるところですよね。

Facebookや公式ブログなどを調べてみましたが、まだ独身のようです。

彼女さんはいらっしゃるのかどうかわかりませんでした。

でもこんな素敵な男性がいたら周りの女性は放っておかないと思うので、もし彼女さんがいらっしゃらなくても親しくされている方はいるのではないかなぁと野暮な想像をしてしまいます。

マツコの知らない世界が放送されたら、人気がでること間違いないと思いますね。

Sponsored Link


清水柾孝さんが語るランの知られざる生態とは?

予告動画の中で「勘違いされているランの知られざる生態を紹介」とありました。

動画中のプラカードに
「ランにつきまとう間違ったイメージ」
「自分で育てるのは大変そう・・・」
と書かれていましたので、ランの育成に関する誤解を解く内容なのかなと思われます。

たしかにランといえば、立派なお家に生けられていて育てるのが難しそうなイメージがあります。

しかしランは水やりをそこまで頻繁に行う必要がなく(清水さんは番組の中で二週間に一回と言っている)、丈夫で育てやすい品種も多いため実はそんなに敷居の高い植物ではないんですね。

あまり日の当たらない室内でも育てられるものも多いので、これまで敬遠されていた方は一度調べてみるとおもしろいと思います。

清水柾孝さんオススメの手軽に家でも育てられる美しいランとは?

ビン詰めされたランの正体は「ボトルドオーキッド」

さて予告動画の中で最も気になったのが、「手軽に家でも育てられる美しいラン」として紹介されていたビン詰めされたランです。

調べてみるとこれは「ボトルドオーキッド(Bottled Orchid)」と呼ばれる、水やりや肥料、温度管理などの手間がかからないランであることがわかりました。

明るい室内に置いておくだけで育成可能な丈夫な品種で、育ってもあまり大きくならないため長く楽しめるランとして人気があるみたいですよ。

ボトルドオーキッドの一部をご紹介しますね。

こちらは「デンドロビウム サブリフェラム」という品種で、丸い白花が特徴のかわいらしいランです。

引用:Ingrum

こちらは小さなクリスマスツリーとも言われる「メディオカルカー デコラタム」という品種です。
非常に丈夫で育てやすく、冬に開花するそうです。

Sponsored Link


小さな白い鉢のランの正体は「ジュエルオーキッド」

もう一つ気になったのがこのボトルドオーキッドの左側にある、小さな白い鉢に植えられたラン。

これも調べてみたところ「マコデス」もしくは「マコデス・ペトラ」という品種で、葉に入った葉脈の美しさから「ジュエルオーキッド(宝石蘭)」とも呼ばれているランである可能性が高いです。

引用:Creema

え…これ本当に植物?と疑いたくなるような、まるでLEDかネオンライトでも仕込まれたかのように美しい葉脈ですよね。

流通量は少ないみたいですので、もし見かけたら買っておいて損はないと思います。
寒さに少し弱いだけで、育てるのもそこまで難しくないみたいですよ。

Sponsored Link


まとめと所感

以上、ラン栽培家の清水柾孝さんと、マツコの知らない世界の予告動画で気になった点についてまとめてみました。

清水さんはラン栽培家という肩書きもその経歴もぶっ飛んでいて、予告動画を見ているだけでもとても気になりました。

またマツコの顔面マークで隠された2つのラン(ボトルドオーキッドとジュエルオーキッド)についても予想してみましたが、これは当たっている確率が高いと思います。

どちらも見た目のインパクトが強くてテレビ映えしそうなランですしね。笑

とはいえ今回のマツコの知らない世界も興味深い内容であることは間違いありませんので、放送を楽しみにして待ちましょう。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

Sponsored Link